作業員

液状化対策をしっかりしておけば被害を食い止められる

震源地から遠くても注意

道

大地震が起こった場合、震源地から遠く離れていても液状化の被害が起こります。そのため、海や川に近い場所や、地下水が浅めの緩い地盤などは、あらかじめ液状化対策をしておく必要があります。地盤を安定剤で固めて地盤改良したり、マンションなどでは頑丈な地盤まで杭を打つことによって対策を取ることが可能です。

備えることで安心できる

男性

起こりうる条件は連続した振動や地下水位の上昇がある液状化現象は、建物自体を巻き込んで傾かせ、時には倒壊させることもあります。日本各地で発生が報告されていますが、実は埋め立て地が多い東京都心部もこの現象が起こりうる危険性が高いです。したがって危険性のある土地には、液状化対策が緊急課題になります。

個人住宅に対する対策方法

人形

過去に起こった東日本大震災では、津波による被害はないものの、液状化によって住宅が崩壊したり傾いたりする地域もありました。その復旧に多くの時間と費用がかかったことから、事前に液状化対策を行う動きがあります。家屋が破損すると液状化対策にかかる費用よりはるかに大きな出費となりますので事前に行うと安心です。

地盤調査が必要不可欠

作業員

地震などによる被害の中で、建物に致命的な打撃を与えるものとして液状化がある。液状化が起きると、建物の土台から崩れてしまうことや建物が傾いてしまうなど、その建物をそのまま使用することができなくなる。これらの液状化現象については、沿岸部の埋め立て地や過去に池や沼で合った場所などで起きることが多く、液状化対策が重要になる。液状化対策を行う場合には、まずは地盤調査を行う必要性が有る。液状化対策では、まずはその地盤の状態を詳しく調査する必要がある。液状化が起きる可能性のある地盤であるかを綿密に調査し、その調査結果をもとに液状化対策を行っていくことになる。液状化対策のために地盤調査では、ボーリング調査などにより地中深くまでポールを入れ調査することになる。最近では、計器を用いて簡単に地盤調査できる方法も出てきており、以前より短時間で調査を行ってもらうことができる。これらの調査により液状化現象が起きる可能性が有る場合には、液状化対策として様々な対策を行う。液状化対策では、地中に薬剤を投入し地面を固い状態にする方法や、地中深くまで杭を打ち込むことで対策を行う方法などがある。また、表面をコンクリートで固めることで対策を行うこともある。これらの液状化対策は、地盤調査の結果によりどのような方法が最適化が選択されて行われることになる。その為、適切な液状化対策を行う為には、地盤調査が最も重要な調査ということになる。