男性

液状化対策をしっかりしておけば被害を食い止められる

個人住宅に対する対策方法

人形

備えておくなら今からです

東日本大震災で被害を受けた地域のうち、津波がなかった地域では建物に対する被害はそれほど大きくなく、日本の個人住宅は相当な揺れにも耐えることができる設計だということが証明されました。その反面、液状化の被害を受けた地域もあり、建物は大丈夫でも基礎から崩れたり家が傾いたりした地域がありました。その復旧に多くの時間と費用がかかったことが広く知られました。液状化対策工事として一般的なのはジャッキアップ方式です。傾いた家屋をジャッキアップして平均を保つ工事となります。建物のみをジャッキアップする方法と建物を基礎ごと基礎の下からジャッキアップする方式とあります。今後も沈下が見られない地域であれば、傾いた部分のみ修復すれば大丈夫ですが、今後も液状化対策が必要な地域では基礎杭を打って地盤を強化したうえでジャッキアップ工事をします。基礎下からジャッキアップする方法は見た目が美しいので外観重視の方にお勧めですが、建物のみをジャッキアップする方法より工事費用が高くなります。また液状化対策として基礎杭を打つ工事を行う必要がある場合には、プラスで最低でも100万円はかかります。また、地盤の改良が必要なケースではさらに100万円は必要となります。家屋が破損すると、立て直しにはこれ以上の出費が発生しますので特に築年数の浅いケースやリフォームを行ったばかりであれば、地盤の調査も行った上で必要があれば地盤改良などの液状化対策も組み込むと安心して住むことができます。