男性

液状化対策をしっかりしておけば被害を食い止められる

備えることで安心できる

男性

条件が重なると起こる

地震大国と呼ばれる日本では、過去にあった地震で受けた被害を鑑みて現在建築中の住宅は耐震設計が成されるようになりました。しかし地震で起こりうる事象は、地面の揺れや建物の倒壊だけではありません。1964年に新潟で発生した地震の際に起こったのが、集合住宅を巻き込んだ液状化現象なのです。この現象は新潟地震の発生時に、マスメディアに注目されテレビのニュースでも取り上げられたが、液状化という言葉は使われずに流砂現象と呼ばれていました。砂が多い地盤は特別な条件が加わらない限りは、砂の粒子同士が摩擦しあう力で安定しています。しかし安定している地盤に連続して地震による振動や、地下水位が上昇したりといった条件が加わることで液状化が起こるのです。考えられる液状化対策としては、先に記した条件が加わることを避けることで発生を食い止められます。重機などを使う建設工事の振動も、液状化が起こる要因になるので液状化対策として他の工法を取るのです。地下水位が上昇しそうな土地ならば、あらかじめ水源から水を抜いて排出するという液状化対策が取られます。そして天災とも言える避けられない地震が要因となる液状化対策としては、地層内の変形が生じにくくするための工夫が必要になるのです。具体的には地中に格子状の壁を作ることで、揺れ幅を少しでも抑えて液状化を食い止めます。1964年以降も地震が起こる際には、高確率で発生している液状化現象は様々な被害をもたらすので液状化対策は重要なことです。