男性

液状化対策をしっかりしておけば被害を食い止められる

震源地から遠くても注意

道

固めたり杭を打つ対策

大地震が起きると、震源地から遠く離れた地域でも被害が及ぶことがあります。なかでも液状化現象は代表的な被害の一つです。住宅地が立ち並ぶ、何の問題もなく見える地盤が、地震の揺れによって軟らかい地盤へと変化し、建物が傾いたり、駐車場が波打ったりする被害が出る現象です。地上の建物や地面が被害を受けるだけでなく、地下にある水道やガスなどのライフラインが切断されることもあり、被害が拡大してしまうという特徴があります。そこで、あらかじめ液状化の被害が予想される場合は、液状化対策を行ったうえで宅地開発していく事が望ましいとされています。どのような土地でも液状化の心配があるわけではなく、一定の条件によってなりやすいかがわかります。例えば海や川に近い砂地盤、地下水の流れる深さが地表から浅い地盤などは、特に液状化対策が必要であると言われています。液状化対策にはいろいろな種類があります。一般的に地盤そのものを改良する場合と、建物自体に対策を施す場合です。ゆるいとされる地盤の改良には、締めて固めたり、安定剤の使用で地盤を固まらせたり、地下水から余分な水分を抜くなどの方法があります。更地であるか、既存住宅地であるかなどによって、利用できる方法は異なります。またマンションなどの大規模施設では、ゆるい地盤の下にある頑丈な地盤まで杭を打つことによって強化をする場合があります。どの液状化対策も、向き不向きや値段の違いがあるために、業者と十分に相談するといいでしょう。